公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 その他
タイトル ミャンマー連邦共和国に「生産性本部」設立へ 〜現地の産業人材育成と生産性運動の普及に貢献〜
発表日 2016/02/03
発表元
内 容 公益財団法人日本生産性本部は、ミャンマー連邦共和国(以下、ミャンマー)において、産業界の生産性向上を推進する「生産性本部」設立を支援する事業(以下、本事業)を開始します。本事業概要は、以下の通りです。

日本生産性本部は、ミャンマー工業省(以下、工業省)及びミャンマー商工会議所連合会(Union of Myanmar Federation of Chamber of Commerce and Industry、以下、UMFCCI)と協力し、2016年内にミャンマー国内の生産性向上に取り組む組織「ミャンマー生産性本部」を設立し、その活動を支援します。2016年2月より、日本人専門家をミャンマーに派遣し、「カイゼン・5S」等日本の「ものづくり」に関する手法をミャンマー人のコンサルタント候補や現地企業に移転し、自主的に生産性向上に取り組む体制を現地に構築していきます。

日本生産性本部は、これまでもシンガポールを始めとしたアジア各国や、アフリカ諸国で生産性本部の設立支援や、能力強化を支援してきた実績を持ち、その経験と知識を活かし、ミャンマー生産性本部の組織作りに対する支援も行います。

ミャンマーでは外国からの直接投資が年々拡大し、投資環境整備が急がれています。その中でも、外資企業の材料調達先等の取引先が十分に成長していないことから、本事業はミャンマー国内製造業の発展を中心にミャンマー生産性本部の設立支援を行うものです。また、ASEANは2015年末に経済共同体(AEC)が発足し、ミャンマーが今後激しい域内競争の中で伍していくと同時に域内水平分業体制の中で独自のポジションを確立すべく、生産性向上を通じて、同国の発展に貢献することを目指します。

なお、本事業は日本政府がASEANに拠出した日・ASEAN統合基金(Japan-ASEAN Integration Fund)の資金により運営されます。
添付ファイル ミャンマーで生産性本部設立支援へ(記者発表文).pdf

▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.