公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 提言活動
タイトル 「ワーク・ライフ・バランスに社会の視点を」アピール発表
発表日 2012/05/23
発表元 カテゴリなし
内 容 「次世代のための民間運動〜ワーク・ライフ・バランス推進会議〜」

「ワーク・ライフ・バランスに社会の視点を」アピール発表

2012年5月23日

 「次世代のための民間運動〜ワーク・ライフ・バランス推進会議〜」では、ワーク・ライフ・バランスの論議に新たな視点を取り入れるべく、昨年12月に、この運動の一環として、「ワーク・ライフ・バランスと質の高い社会を考える会(座長 清家篤 慶應義塾大学教授・慶応義塾長)」、および「ワーク・ライフ・バランスと地域の人づくりを考える会(座長 樋口美雄 慶應義塾大学教授)」から、それぞれ、「日本再生にワーク・ライフ・バランスの視点を」、および「明日の地域を支える人材づくりを」という提言を行ってまいりました。

 昨年に起きた東日本大震災の経験は、このワーク・ライフ・バランスへの取り組みについて、もう一度原点に立ち返って考える必要性を提起したといえます。この経験も踏まえ、このたび、更なる運動の発展を目指すには、より広く社会全体の枠組みの中から進める必要があると考え、アピール「ワーク・ライフ・バランスに社会の視点を」を発表しました。


1.働き方やくらしのありようを社会全体の視点から見直すこと

2.人々の絆によって地域の元気を取り戻す取り組みを促すこと

3.正規と非正規の働き方の違いやメンタルヘルスの問題に取り組むこと



<お問合わせ先>
「次世代のための民間運動〜ワーク・ライフ・バランス推進会議〜」
事務局  公益財団法人 日本生産性本部内(柳沢・笹)
  〒150-8307 東京都渋谷区渋谷3-1-1 
   TEL:03-3409-1122 FAX:03-3409-1007
添付ファイル ワーク・ライフ・バランス推進会議アピール2012.pdf
【参考資料1】ワーク・ライフ・バランス推進会議議論のポイント.pdf
【参考資料2】研究会提言概要.pdf

▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.