公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル 平成25年度「新入社員働くことの意識」調査
発表日 2013/06/27
発表元
内 容 公益財団法人 日本生産性本部(理事長 松川昌義)の「職業のあり方研究会」(座長 岩間夏樹)と一般社団法人 日本経済青年協議会(代表幹事 大塚恒博)は、平成25年度新入社員を対象に実施した「働くことの意識」調査結果をとりまとめた。この新入社員の意識調査は、昭和44年度に実施して以来45回目を数え、この種の調査ではわが国で最も歴史のあるものである。

主な調査結果は以下のとおり。

「第一志望に入社」2009年以降最低の5割
 〜強まる“とりあえず内定”傾向〜

【平成25年度新入社員「働くことの意識」調査結果のポイント】

●「第一志望の会社に入れた」は昨年の60.9%から52.0%に低下し、2009年以来最低となった。厚生労働省・文部科学省の「大学卒業予定者の就職内定状況調査」においては、4月1日現在の大卒者の内定率は、一昨年91.0%、昨年93.6%、本年93.9%と好転している。内定を得ることを優先し、志望レベルを低下させる学生があったことをうかがわせる。

●就職状況で敏感に変化する項目では、近年「仕事中心」が「生活中心」を上回る、「人並み以上に働きたい」が「人並みで十分」を上回るなど、仕事を優先する氷河期型の意識が継続してきたが、今年はやや後退した。

●「この会社でずっと働きたいか」とする回答は、「定年まで勤めたい」が昨年34.3%で過去最高の数値となったが、本年は30.8%に減少した。また「状況次第でかわる」が31.4%から33.1%に増加した。

●「採用活動の開始時期の変更」については「よかった」20.1%、「よくなかった」17.9%とほぼ同水準であった。短大卒に関しては「よかった」19.0%に対して「よくなかった」8.3%とネガティブな評価が低下する。

●「デートか残業か」では「残業」(84.2%)、「デート」(15.7%)と、プライベートな生活よりも仕事を優先する傾向が伺える。男女別に見ると、「仕事」という回答は男性80.6%に対して、女性90.7%と女性のほうが10%上回っている(昨年は男性82.4%に対して、女性89.8%と女性のほうが7.4ポイント上回っている)。

なお、本調査の詳細な分析結果については、「第6回今日の新入社員の採用、育成のあり方を考えるシンポジウム」
(日時:7月16日(火)13:30開始、場所:日本生産性本部「経営アカデミー」(丸の内))にて公表いたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
公益財団法人 日本生産性本部〔ワークライフ部(担当):中川、柳沢 TEL:03-3467-7252 〕
電子メール:slr-info@jpc-net.jp
一般社団法人 日本経済青年協議会〔担当:畔津、梅田  TEL:03-3469-2381〕

※本調査の報告書は、「生産性労働情報センター」(TEL:03-3409-2508)より発刊。
添付ファイル 平成25年新入社員働くことの意識調査.pdf

平成25年度新入社員「働くことの意識」調査報告書の購入はこちら


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.