公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 その他
タイトル 第8回「ワーク・ライフ・バランス大賞」募集開始
発表日 2014/06/30
発表元
内 容  ワーク・ライフ・バランスは、子育てや介護に直面している人だけの課題ではなく、豊かな社会生活を送るため、すべての組織、地域や人に関わる大切なテーマです。

 このため、ワーク・ライフ・バランス推進会議では、国内外の環境が急速に変化する中、企業や組織が生産性を維持向上させるとともに、働く人の暮らし方を含めた生活の質を高め、安定させるという観点から、ワーク・ライフ・バランスの推進を強く唱えてまいりました。

 「ワーク・ライフ・バランス大賞」は、2007 年から実施し、優れた独自性ある諸活動、創意工夫、および効果を上げた展開事例を幅広く募り、働き方改革をはじめ、企業や組織における実効性かつ先進性ある取組みを表彰することで、社会的な普及・啓発を進めてまいりました。今年も第8回として実施し、少子高齢化、グローバル化の進展の中での新しい課題も踏まえ、幅広い観点から、ワーク・ライフ・バランスの一層の推進を目指し表彰を行います。
 同時にワーク・ライフ・バランス推進の標語を募ります。


多数のご応募を心よりお待ち申し上げております。


1.第8回『ワーク・ライフ・バランス大賞』の募集開始 (別添参照) 
 『ワーク・ライフ・バランス大賞』は、企業・労働組合などのワーク・ライフ・バランスを推進する先進的・積極的な活動を表彰し、各界の取組みを活発にすることを目的に、今年第8回目として実施する。本日より募集を開始し、〆切は9月5日。表彰式は11月10日の予定。

■選考の観点:
 (1)“幅広い観点に立ち総合的かつ先進的な取組み”を行い成果をあげている 
 (2)“中小企業において、特性を活かした精力的な取組み”を行い成果をあげている
 (3)“困難を抱える業種において、積極的な取組み”を行い成果をあげている
 (4)“グローバル企業で、国外でもワーク・ライフ・バランスに則った取組み”を行い成果をあげている
 (5)“自社にとどまらず、社会的に影響を与える取組み”を行い成果をあげている


2.「ワーク・ライフ・バランス・コンファレンス」の開催 
ワーク・ライフ・バランス推進を議論から実践に移していくため、課題解決の具体的方策を探る機会として11月10日(月)に開催。第8回『ワーク・ライフ・バランス大賞』表彰式も行う。


3.「ワーク・ライフ・バランスの日」「ワーク・ライフ・バランス週間」の提唱 (別添参照) 
運動の社会的な盛り上げを図る象徴的な取組みとして、11月23日を「ワーク・ライフ・バランスの日」と提唱している。また「ワーク・ライフ・バランスの日」を中核とする1週間(11月23日(日)〜11月29日(土))を「ワーク・ライフ・バランス週間」とする提唱も行っている。




【お問合わせ先】
「ワーク・ライフ・バランス推進会議」事務局
公益財団法人日本生産性本部 ワークライフ部内(笹・松永)

〒150-8307 東京都渋谷区渋谷3−1−1
TEL:03-3409-1122 FAX:03-3409-1007
http://www.jisedai.net/  E-mail:jisedai@jpc-net.jp
添付ファイル 第8回WLB大賞募集開始記者発表文.pdf
第8回WLB大賞応募要領.pdf
ワーク・ライフ・バランス週間の提唱.pdf

▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.