公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル 平成29年度 新入社員 働くことの意識調査結果  〜「人並みに働き 楽しい生活をしたい」志向強まる〜
発表日 2017/06/26
発表元
内 容 公益財団法人 日本生産性本部の「職業のあり方研究会」(座長 岩間夏樹)と一般社団法人 日本経済青年協議会は、26日、平成29年度新入社員1,882人を対象にした「働くことの意識」調査結果を発表した。この新入社員の意識調査は、昭和44年度に実施して以来49回目を数え、この種の調査ではわが国で最も歴史のあるものである。主な調査結果は以下のとおり、頁はプレスリリースの参照ページ。

●「働く目的」では「楽しい生活をしたい」が過去最高を更新(一昨年度37.0%→昨年度41.7%→42.6%)し、「自分の能力をためす」は過去最低を更新(13.4%→12.4%→10.9%)。「社会に役立つ」も減少傾向(12.5%→9.3%→9.2%)。…2頁参照

●「人並み以上に働きたいか」では、過去最高だった昨年度より減少したものの「人並みで十分」が高い水準を維持(一昨年度53.5%→昨年度58.3%→57.6%)。…3頁参照

●「デートか残業か」では、「残業」(一昨年度80.8%→昨年度76.9%→71.0%)「デート」(19.0%→22.6%→28.7%)と、「デート派」が増加し6.1ポイント増。…4頁参照

●「若いうちは進んで苦労すべきか」では「好んで苦労することはない」が過去最高(一昨年度23.0%→昨年度26.0%→29.3%)となった。…5頁参照

●「会社の選択理由」では、「能力・個性がいかせる」が減少したが今年も一位(昨年度33.2%→31.2%)、二位は「仕事が面白いから」で(17.3%→17.8%)わずかに増加。…5頁参照

●「就労意識」「生活価値観」「対人関係」では、職場や仕事に対する設問で否定的意見が増加。「そう思う」と「ややそう思う」という回答の計が過去最高・過去最低となった主な項目は以下の通り。…6頁参照
                            
※数値は昨年度→今年度(差のポイント) 
「上司や同僚が残業していても自分の仕事が終わったら帰る」…38.8%→48.7%(+9.9)
「同僚、上司、部下と勤務時間以外はつきあいたくない」…20.7%→30.8%(+10.1)
「仕事はお金を稼ぐための手段であって面白いものではない」…36.1%→40.1%(+4.0)
「面白い仕事であれば、収入が少なくても構わない」…49.2%→46.5%(−2.7)
「将来のためには今は我慢が必要だ」…84.2%→79.8%(−4.4)
添付ファイル 新入社員意識調査(29年報道資料)最終版.pdf

新入社員研修のご用命は、継続調査・研究で適切な研修プログラムを実施している日本生産性本部へ

平成29年度新入社員「働くことの意識」調査報告書の購入はこちら


これまで当本部が発表した新入社員意識調査などの結果をこちらからご覧いただけます。


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.