公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル 2012年度 新入社員 秋の意識調査
発表日 2012/12/10
発表元
内 容 <主なポイント>
1.【過去最高】「上司・先輩の指導育成」に対し、「期待以上」とする回答(31.0%)
入社前に描いていたイメージと現在の状況を比較して「上司・先輩の指導育成」に対し、「期待以上」とする回答が、2007年以来過去最高となった(31.0%)。

2.【過去最高】「細かいことは下に任せ、上に立つもの(上司)はいつも大きな目で仕事を見ていて欲しい」とする回答(62.5%)
「細かいことは下に任せ、上に立つもの(上司)はいつも大きな目で仕事を見ていて欲しい」とする設問に、「そう思う」と答えた割合が、2003年以来過去最高となった(62.5%)。

3.【過去最大】「今の会社に一生勤めようと思っている」とする回答、春から秋への落差(60.1%→30.6% 落差29.5ポイント)
「今の会社に一生勤めようと思っている」とする回答が、同年春より29.5ポイント減少し、落差数値が1997年以来過去最大となった。

4.【過去最大】「自分には仕事を通じてかなえたい「夢」がある」とする回答、春から秋への落差(70.5%→50.7% 落差19.8ポイント)
「自分には仕事を通じてかなえたい「夢」がある」とする質問に、「そう思う」と回答した割合が同年春より19.8ポイント減少し落差数値が調査以来過去最大となった。

5.【新設問】海外勤務のチャンスがあれば応じたい理由は「視野を広げたい」が最多(42.6%)
「海外勤務のチャンスがあれば応じたい」に「そう思う」と回答した方(49.9%)のうち、その理由に「視野を広げたい」を選択した割合が最も多い(42.6%)。

【本件に関するお問い合わせ先】
公益財団法人 日本生産性本部 経営開発部 担当:富張・塚田・堀部
TEL:03-3409-1119 FAX:03-5485-7750
添付ファイル 2012年度新入社員秋の意識調査.pdf

過去25万人の実績 新入社員研修

これまで当本部が発表した新入社員意識調査などの結果をこちらからご覧いただけます。


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.