公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル 2013年度 新入社員 春の意識調査
発表日 2013/04/22
発表元
内 容 1.「いろいろな仕事や持ち場を経験してジェネラリストとしてきたえる職場」を希望する回答が過去20年で最高水準(58.4%)。
自身のキャリアの考え方に近いものを選択する設問において、「いろいろな仕事や持ち場を経験させて、ジェネラリスト(会社全般の仕事が見渡せるような人)としてきたえる職場」の割合が、過去20年で最高水準となった(58.4%)。
2.「海外勤務のチャンスがあれば応じたい」が継続して過半数を上回る(55.0%)。
 「海外勤務のチャンスがあれば応じたい」に対して、「そう思う」とする回答が2011年の設問開始以降、継続して過半数を上回った(55.0%)。
3.「今の会社に一生勤める」とする回答が前年比4.6ポイント減少(55.5%)。
転職について問う設問で、「今の会社に一生勤めようと思っている」とする回答が前年比4.6ポイント減少した(55.5%)。
4.就職活動について、訪問社数・内定社数は増加。SNS利用は20.4%。
就職活動についての設問で、「訪問社数」は「6社〜70社」とする回答が前年比より増加した。
「内定社数」については複数社とする回答が前年より増加した。
また今年度より新設の「SNSを就職活動に利用したか」に対して、「はい」とする回答は20.4%となった。
添付ファイル 2013新入社員春の意識調査.pdf

▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.