公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル 2014年度 新入社員 春の意識調査
発表日 2014/04/21
発表元 カテゴリなし
内 容 1.【過去最低】「海外勤務のチャンスがあれば応じたい」に対し「そう思う」とする回答(50.1%)
海外勤務に関する考え方に近いものを選択する設問において、「海外勤務のチャンスがあれば応じたい」という設問に対し「そう思う」とする回答が2011年の設問開始以来過去最低の数値となった。(50.1%)(調査結果2ページ記載)
2.【昨年度伸び幅5.8ポイント上昇】「給料の決め方(給与体系)」に対し「業績や能力よりも年齢、経験を重視して給与が上がるシステム」を希望する回答(44.1%)
給与の決め方(給与体系)についての設問で「業績や能力よりも年齢、経験を重視して給与が上がるシステム」を希望する回答が5.8ポイント上昇し、44.1%となった。(調査結果3ページ記載)
3.【過去最低】「将来への自分のキャリアプランを考える上では社内で出世するより自分で起業して独立したい」とする回答(11.8%)
「将来への自分のキャリアプランを考える上では社内で出世するより自分で起業して独立したい」という設問に対し
「そう思う」とする回答が2003年の設問開始以来過去最低の数値となった。(調査結果4ページ記載)
4.【10年ぶり3割越え】「条件のいい会社であればさっさと移る方が得だ」とする回答(30.9%)
「条件のいい会社であればさっさと移る方が得だ」という設問に対し「そう思う」とする回答が10年ぶりに30%を超える数値となった。(調査結果5ページ記載)
5.【昨年最高値より下降】「職場の人たちとの飲み会と友人との先約では、職場の飲み会に参加する」との回答(58.2%)
職場の飲み会と自分の友人との先約のどちらを選ぶかを問う設問で「職場の飲み会に出る」との回答が下降にし、6.1ポイント減の58.2%となった。(調査結果6ページ記載)
添付ファイル 2014年度 新入社員 春の意識調査.pdf

過去25万人の実績 新入社員研修

これまで当本部が発表した新入社員意識調査などの結果をこちらからご覧いただけます。


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.