公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル 2015年度 新入社員 秋の意識調査
発表日 2015/12/22
発表元 カテゴリなし
内 容 <主なポイント>
1.【昨年から引き続き7割越え】女性新入社員の管理職に「なりたくない」との回答が73.0%となり、前年調査から変化しなかった。(男性新入社員は62.0%が「なりたい」と回答)

2.【管理職になりたい理由の変化】管理職になりたい新入社員の最も多い理由は「より高い報酬を得たい」(45.6%)となった。(前年は「様々な業務に挑戦したい」(36.0%))

3.【過去最高】「自分のキャリアプランに反する仕事を、がまんして続けるのは無意味だ」とする回答が設問設置以来最高(43.6%)

4.【過去最高】「残業が少なく、平日でも自分の時間を持て、趣味などに時間が使える職場」を好むとの回答が設問設置以来最高(81.1%)

5.【新設問】同僚・先輩・上司からSNSで友達申請が来た時に「申請を受け入れる」は、同僚83.0%、先輩68.1%、上司54.8%。
添付ファイル 2015年 新入社員 秋の意識調査.pdf

過去25万人の実績 新入社員研修

これまで当本部が発表した新入社員意識調査などの結果をこちらからご覧いただけます。


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.