公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル 2016年度 新入社員 春の意識調査
発表日 2016/06/20
発表元
内 容 1.【過去最高】これからの社会人生活が不安だ 52.4%
設問Q7.(l)「これからの社会人生活は不安より期待の方が大きい」との問いに対し、「そう思う」と答えた割合は、47.6%と過半数割れ。「そう思わない」との回答が52.4%と逆転し、調査開始以来、過去最高を記録した。男女内訳をみると、男性51.0%、女性56.2%と、女性のほうが社会人生活に不安を抱いている割合が高くなっている。

2.【過去最高】残業が少なく、自分の時間が持てる職場がよい 74.7%
設問Q6.(d)「残業は多いが自分のキャリアや専門能力が高められる職場」と「残業が少なく、平日でも自分の時間を持て、趣味などに時間が使える職場」のどちらを好むかとの問いに、残業が少ない職場を好むと回答した割合が前年比7.5ポイント増の74.7%となり、過去最高となった。

3.【過去最高】年功序列での昇格を望む割合 42.3%
設問Q6.(g)「仕事を通して発揮した能力をもとにして評価が決まり、同期入社でも昇格に差が付く職場」より、「年齢や経験によって、平均的に昇格していく職場」を望む人の割合は、42.3%と調査開始以来、過去最高となった。

4.【過去最高】良心に反する手段で進めるように指示された仕事であっても従う 45.2%
設問Q5.(d)「上司から、会社のためにはなるが、自分の良心に反する手段で仕事を進めるように指示されました。このときあなたは、・・・」との問いに対し、「指示の通り行動する」と回答したのは、過去最大の45.2%となり、前年より、7.4ポイント増加した。従わないとの回答は10.6%で1.1ポイント前年から減少。分からないとした割合は44.2%。前年比6.3ポイントの減少。

5.【質問新設】インターンシップ制度で実習した会社に就職した割合 27.0%
設問Q11(a)「インターンシップ制度を利用しましたか」との問いに、「利用した」と回答したのは44.0%。利用したと回答したなかで「実習した会社に就職した」割合は27.0%だった。その他の2015年度の就職活動状況は、活動日程の後ろ倒しの影響が調査数値にも表れている。
添付ファイル 2016 春 若者意識調査.pdf

過去25万人の実績 新入社員研修

これまで当本部が発表した新入社員意識調査などの結果をこちらからご覧いただけます。


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.