公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル 2017年度 新入社員 春の意識調査
発表日 2017/05/18
発表元
内 容 <主なポイント>

1.【新設質問】 上司が外国人であろうが日本人であろうが関係ない   48.8%
           日本語でよいなら上司は外国人でも構わない   40.0%

2.第一志望での入社が2000年代で最高の79.5%を記録
 「条件の良い会社があれば、さっさと移る方が得だ」と思う割合も昨年度比8.2%増加の36.2%となり、
  就職氷河期の最高水準38.0%(2000年)に近づく

3.残業が少なく、自分の時間を持てる職場がよい 74.0%と高い水準を維持

4.【新設質問】「働き方改革」で重要と思うテーマの1位は「長時間労働の是正」23.9%

5.【新設質問】「働き方改革」で最も関心のある勤務形態は「転勤のない地域限定勤務」27.0%、
  「在宅勤務制度」26.9% と両者が拮抗
添付ファイル ★2017年度_新入社員春の意識調査.pdf

過去25万人の実績 新入社員研修

これまで当本部が発表した新入社員意識調査などの結果をこちらからご覧いただけます。


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.