公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル 2011年版 『産業人メンタルヘルス白書』
発表日 2011/08/26
発表元
内 容  公益財団法人日本生産性本部(理事長:松川 昌義)「メンタルヘルス研究所」は、この度2011年版『産業人メンタルヘルス白書』を発表した。この白書はメンタルヘルスへの関心が高まる中で、産業界におけるメンタルヘルスへの取り組みの促進を図るため、2001年から毎年発表している。
今年の調査研究では、「絆」をテーマとしている。

〜 2011年版 『産業人メンタルヘルス白書』 〜
調査研究「絆の分析〜JMI健康調査の結果から〜 」の概要
 仲間や企業 組織体との「絆」がメンタルヘルス向上に貢献
 「社交性」が低い日本人にとって、職場の仲間との「絆」が大切
 「絆」の形成は重要な要素〜震災復興を契機に「絆」の深化を期待

<研究結果と考察の概要>
1.「絆」を結ぶ対象として上司、同僚、組織、家族を想定することができる。いずれも関係が良好であればメンタルヘルスを向上させる。中でも相関が高いのは「同僚関係」である。

2.一方、対人関係を築き、関係の良し悪しを左右する個人の特性として「社交性」をあげることができる。JMI健康調査から「社交性」に関する項目をとりだして調査結果を見ると、日常的に顔をあわせている「上司や家族との関係」が良いことよりも、「社交性」があるほど、メンタルヘルスの良さに寄与することがわかった。但し、今回の産業人のJMI健康調査からは、多くの人は「社交性」が低い方に分布しており、「社交性」の高い人は多くない。

3.「社交性」の有無よりも、メンタルヘルスの良否に影響を与えているのが、「同僚と企業 組織体との関係」である。なお、「同僚」には、日常的に顔をあわせている「同僚」だけでなく、同じ企業 組織体の一員ではあるが面識のない「仲間」も含まれている。

4.上司と家族という、誰と特定できる対象ではなく、「仲間」や「企業体」といった抽象度の高い集団と「絆」が結ばれているとき、メンタルヘルス向上への貢献が大きくなる。

5.「社交性」が低い日本人にとって、「絆」の形成は重要な要素となる。「東日本大震災とメンタルヘルスの影響についてアンケート」の結果でも「トップのメッセージ発信」、「グループでの一体的取り組み」などが見られる。今回の震災復興を契機に、こうした職場の仲間に対する「絆」の大切さについて改めて確認したい。

※白書の構成は、上記調査研究と、東日本大震災とメンタルヘルスの影響についてアンケート調査結果及び特別寄稿のほか4論文を掲載。                    <2頁参照>
添付ファイル 白書プレスリリース110826.pdf

▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.