公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル 2012年度JCSI(日本版顧客満足度指数)第3回調査結果発表 〜ヨドバシカメラ、IKEA、住信SBIネット銀行、都道府県民共済、チューリッヒ、松井証券が前年度に続きCS1位〜
発表日 2013/01/11
発表元
内 容 サービス産業生産性協議会(代表幹事:秋草直之 富士通(株)相談役)では、業種・業態横断での比較・分析が可能な「JCSI(日本版顧客満足度指数:Japanese Customer Satisfaction Index)」を開発し、2009年度から発表を行っています。
この度2012年度第3回調査として8業種・業態[家電量販店/住関連用品店/専門店/銀行/生命保険/損害保険/証券/介護]における90企業・ブランドを調査し、満足度等を算出しました。
今回は通算18回目の調査となります。

■各業種・業態別の顧客満足度1位企業・ブランド
<新たに顧客満足度1位となった企業・ブランド>
 ・住関連用品店  :セリア           〜初調査で満足度1位
<前年度に引き続き顧客満足度1位となった企業・ブランド>
 ・家電量販店    :ヨドバシカメラ      〜高い顧客期待と知覚品質で3年連続満足度1位
 ・専門店       :IKEA           〜全項目で1位、2年連続満足度1位
 ・銀行        :住信SBIネット銀行  〜全項目で1位、4年連続満足度1位
 ・生命保険     :都道府県民共済    〜高い知覚品質と知覚価値で3年連続満足度1位
 ・損害保険     :チューリッヒ       〜高い知覚品質により2年連続満足度1位
 ・証券        :松井証券        〜4項目で高評価、2年連続満足度1位

※昨年度までの調査業種・業態である介護は、対象企業が少ないため参考調査となっています。結果は添付ファイルをご覧ください。

本調査は、統計的な収集方法による総計10万人以上の利用者からの回答をもとに、日本の幅広い産業をカバーした日本最大級の顧客満足度調査です。年間31業種・業態、約400企業・ブランドの調査を年4回に分け実施しています。「顧客の評価を起点とした業種・業態を超えた競争」を促すことで、より高い付加価値や顧客満足を高める経営が日本全体に広がり、日本企業の成長と国際競争力の強化に役立つことを狙いとしています。

調査結果詳細(第3回調査8業種・業態)は添付ファイルをご覧ください。
添付ファイル JCSI第18回発表文v1_0.pdf

▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.