公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル 2013年度JCSI(日本版顧客満足度指数)第2回調査結果発表〜オルビス、富士ゼロックスが全6指標で1位。スバル、Mobil、クックパッドがCS1位
発表日 2013/08/28
発表元
内 容 サービス産業生産性協議会(代表幹事:秋草直之 富士通(株)相談役)では、この度2013年度第2回「JCSI(日本版顧客満足度指数:Japanese Customer Satisfaction Index)」調査として、5業種72企業の顧客満足度等を発表しました。今回は新規調査業種として「インターネットサービス(ソーシャルネットワーク・検索・コンテンツ配信)」、「サービスステーション」を取り上げ、「クックパッド」、「Mobil」がそれぞれ、顧客満足度(CS)1位になりました。

■各業種の顧客満足度1位企業、ブランド
(インターネットサービス)
  クックパッド
(サービスステーション)
  Mobil
(自動車販売店)
  スバル
(通信販売)
  オルビス
(事務機器)
  富士ゼロックス

この調査は、統計的な収集方法による総計12万人以上の利用者からの回答をもとに実施する日本最大級の顧客満足度調査で、業種、業態(以下業種)横断での比較、分析ができ、かつ、6つの指標で顧客満足度構造とポジショニングがチェック可能なものです。本年度は年5回(昨年度は年4回)に分け、年間33業種、約400の企業、ブランドの調査を実施する計画です。「顧客の評価を起点とした業種を超えた競争」を促すことで、より高い付加価値や顧客満足を高める経営が日本全体に広がり、日本企業の成長と国際競争力の強化に役立つことを狙いとし、2009年度から発表を行っています。

■調査結果詳細は添付資料をご覧ください。
添付ファイル ■2013JCSI第2回調査発表文0828.pdf

▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.