公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル レジャー白書2014 〜11年ぶりに余暇市場が増加〜
発表日 2014/08/04
発表元
内 容 公益財団法人日本生産性本部(理事長 松川昌義)余暇創研は、『レジャー白書2014〜マイ・レジャー時代の余暇満足度〜』をとりまとめた。同白書は、余暇活動調査等をもとに、わが国における余暇の実態を需給双方の視点から総合的・時系列的にとりまとめている唯一のもので、1977年の創刊以来通算38号目になる。

■日本人の余暇活動の現状 〜「国内観光旅行」が参加人口首位に定着〜

「国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)」(5,590万人)が、3年連続首位となり、レジャーの代表格として定着した。続いて2位「ドライブ」3位「外食(日常的なものは除く)」の順も昨年と同じだった。今回初めて調査した「読書(仕事、勉強などを除く娯楽としての)」の参加人口は4,440万人にのぼった。

■余暇関連産業・市場の動向 〜11年ぶり余暇市場が増加、観光・行楽が好調〜

2013年の余暇市場は65兆2,160億円(前年比0.8%、4,900億円増)となり、僅かだが増加した。
趣味・創作部門は減少したが、観光・行楽部門が前年に引き続き4%台の伸びとなった。
【スポーツ部門】ランニング、登山、キャンプ用品が好調を維持。ゴルフ用品も増加。
【趣味・創作部門】CD・音楽配信がマイナス。カメラ、音楽コンサートが堅調。
【娯楽部門】外食とカラオケボックスが増加。公営ギャンブルが2年連続増加。
【観光・行楽部門】遊園地・テーマパークが過去最高の売上。国内旅行もプラス。

■特別レポート 〜マイ・レジャー時代の余暇満足度〜 

1人当たり参加種目数や希望種目数が減少し、限られた種類の余暇を過ごす時代が来るなか、余暇生活への満足度や最も重視する余暇活動(マイ・レジャー)を聞いた。
● 余暇生活の満足度は、男女とも10代から40代まで低下し、50代で上昇に転じ、70代が最高となった。とくに50代から60代にかけての満足度の上昇が目立つ。
● 「最も重視する余暇活動」を1つだけ選んでもらったところ、「国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)」が最多。満足度が高かったのは「海外旅行」だった。

<余暇活動調査の仕様> 
調査方法 :インターネット調査
調査対象 :全国15歳〜79歳男女
有効回収数:3,349(人)
調査時期 :2014年1月
添付ファイル レジャー白書2014 発表.pdf

【レジャー白書2014のご購入はこちらへ】

上記以外でも、主要都市の大型有名書店、生産性本部ビル1階書籍コーナー店頭 等にてお求めいただけます。また、全国書店(ネット書店含む)よりお取り寄せいただくこともできます。


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.