公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル レジャー白書短信 第11号「スノースポーツ人口は530万人、スキー派が減少〜重複を考慮したスキー、スノーボードの参加実態〜」
発表日 2017/10/25
発表元 カテゴリなし
内 容 公益財団法人日本生産性本部 余暇創研は、「スノースポーツ」(「スキー」と「スノーボード」)に関する分析結果をまとめた。これまでレジャー白書では両種目の参加実態を発表してきたが、同じ回答者が両方参加している場合があり、重複を考慮した「スノースポーツ」の参加実態は明らかにしてこなかった。本短信は重複を除外した参加率、参加人口、希望率や潜在需要とその推移について分析を試みたものである。

■参加人口は530万人、50万人はスキーもスノボも

2016年における「スノースポーツ」(「スキー」と「スノーボード」の両方またはどちらか一方に参加)の参加率は5.3%、参加人口にすると530万人となり、2種目両方に参加している人の割合は0.5%、参加人口は50万人となった。「スキー派(スキーだけ参加)」「両方派(両方参加)」「スノボ派(スノーボードだけ参加)」に分けると、2016年は「スキー派」が「スノボ派」を上回ったが、「スノボ派」の参加率は前年比横這いなのに対し、「スキー派」の参加率は低下した。

■スキー派は10代と高年層、スノボ派は20〜30代で多数

年代別にみると2016年に「スノースポーツ」の参加率が最も高いのは20代で、次いで10代、40代、70代の順となっている。20代と30代では「スノボ派」のほうが「スキー派」より参加率が高く、10代と40〜70代では「スキー派」のほうが高かった。20代の「スノースポーツ」参加者のうち8割は「スノボ派」または「両方派」である。2010年、2013年と比較すると、10〜40代では「スノースポーツ」の参加率は低下しているが、70代は上昇する年もみられる。

■10代はスキー、スノボ「両方希望派」が多数

「スノースポーツ」の希望率(将来やってみたい、あるいは今後も続けたい人の割合)は2016年には10.5%となった。「スノボ希望派」(「スノーボード」だけ希望)の割合は2012年から大きな変化はないが、「スキー希望派」(「スキー」だけ希望)の割合は2012年に比べて2.6ポイント低下した。10代は「両方希望派」の割合が高かった。潜在需要は10代が最大で、60代まではプラスだったが、70代ではマイナスとなっている。中年層は参加率が低いものの潜在需要があり、今後の動向が注目される。

<余暇活動調査の仕様>  
■調査方法 :インターネット調査
■調査対象 :全国15歳〜79歳男女
■有効回収数: 3,328(人)
■調査時期 :2017年1月


*******************************************************
ご希望の方に本発表の資料を差し上げます(無料)。
下記の【個人情報の取り扱いについて】をご確認のうえ、同意される場合に限り、次の内容をご記入の上、メールでお申込みください。

件名:レジャー白書短信第11号 希望

本文:(お名前)
   (組織名)
   (ご所属・役職)
   (組織の郵便番号)
   (返信先メールアドレス)
   (【質問】「スキー、スノーボード以外で興味・関心のある冬の余暇活動は何ですか?」への回答)
   
送信先:
yoka(at)jpc-net.jp

※上記の「(at)」を「@」に置き換えてください。
※折り返し、ご記入いただいたメールアドレスに返信いたします。
(夏季、土日、祝日、年末年始など返信までにお時間をいただく場合がございます。ご了承ください)

【個人情報の取扱いについて】
1.個人情報は、「レジャー白書短信」資料の送付ならびに余暇創研事業のご案内など、当本部が今後主催・実施する各事業におけるサービス提供や事業のご案内、および顧客分析・市場調査のために利用させていただきます。なお個人情報の提供は任意ですが、ご提出頂けない場合、当本部からのサービスを受けられない場合がございます。
2.お預かりした個人情報は、法令に基づく場合などを除き、第三者に提供及び委託されることはございません。
3.本部が保有する個人情報について、開示、訂正、削除、利用停止などの請求があった場合には、本人であることを確認のうえで本部の定める書類にて対応いたします。
4.個人情報の取り扱いについての疑問・質問、開示等請求は以下までご連絡ください。
余暇創研事務局(Tel:03-3409-1125)
公益財団法人日本生産性本部総務部 個人情報保護担当窓口(Tel:03-3409-1112)
5.個人情報保護管理者 総務部長
添付ファイル

▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.