公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 提言活動
タイトル 交通政策協議会提言「これからの道路財源と自動車税制の在り方」
発表日 2008/11/21
発表元 交通政策協議会
内 容 平成21年度からの道路特定財源の一般財源化により大きな分岐点を迎えている道路財政とその財源となっている自動車関係諸税の在り方について、中長期的な観点から在るべき姿を訴えている。方向性としては、道路特定財源廃止により自動車の保有段階の税金の課税根拠がなくなるので、自動車取得税、自動車重量税などは廃止すべきこと、環境負荷に対する費用負担は走行段階で負担すべき、などとしている。
添付ファイル 記者発表文:20年度交通協議会提言.pdf

▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.