公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル イノベーションを起こすための工夫に関する企業アンケート報告書
発表日 2018/12/11
発表元 カテゴリなし
内 容 当本部は、来春正式発足を予定する有識者会議のイノベーション会議(座長:大田弘子副会長)の準備調査として、大企業238社の、イノベーションを起こすための工夫に関する取組を聞いたアンケートの結果を取りまとめた。同会議はイノベーションの環境を整備することを目的としている。
大企業ではいま、これまでの延長線上に無いまったく新たな次元の商品・サービスを生み出すことを目的とする「出島」と呼ばれるイノベーション拠点を国内外に作り始めているが、本調査結果によると大企業の2割が既に設置しており、ここ3年程度で急速に増えてきたことが明らかとなった。
また、その背景として、日本企業が「破壊的イノベーション」と呼ばれる画期的なイノベーションを起こしにくいと考えている企業が7割近くあることが示された。そのほか、本調査結果では、画期的なイノベーションの阻害要因が明らかになっている。
イノベーション会議は今後、本調査結果が示唆する、画期的なイノベーションの阻害要因を取り除くための提言活動等を展開する予定である。

報告書の目次

一.調査の概要
 1.調査の目的
 2.調査の実施概要
二.調査結果
 1.出島の設置状況
   (1)出島の設置の有無
   (2)出島の設置時期、設置場所、設置の際の工夫、成果
 2.破壊的イノベーションに向けた取組
   (1)「日本企業は破壊的イノベーションを起こしにくい」との考え
     への賛否
   (2)日本企業の破壊的イノベーションの阻害要因
   (3)イノベーションの環境づくりの実施状況
   (4)イノベーションの環境づくりの効果
 3.イノベーションを起こす人材獲得への取組
   (1)イノベーションを起こす人材の社外からの獲得手段と効果
   (2)イノベーションを起こす人材の社内からの発掘・育成施策
 4.イノベーションの成果の商品化の意思決定
   
添付ファイル イノベーション起こす工夫に関するアンケート結果・プレスリリース.pdf
イノベーション起こす工夫に関するアンケート結果.pdf

「イノベーション会議」はこちら


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.