公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル 企画業務型裁量労働制に関するアンケート調査結果概要
発表日 2006/02/22
発表元
内 容 平成18 年2 月22 日
各 位

企画業務型裁量労働制に関するアンケート調査結果概要
企画業務型裁量労働制の運用「うまくいく」には客観的で納得性のある評価制度が鍵

○ 企画業務型裁量労働制の運用が「うまくいっている」職場は約8 割(80.1%)を占める。
○ 「うまくいっている」職場では、企画業務型裁量労働制の導入にあたり業務分担の見直しをしたり、業績評価やプロセス評価など評価制度の客観性・納得性を高め、評価と処遇の連動を強めている。また、苦情処理措置の整備も進めている職場が多い。
○ こうした職場では良好なメンタルヘルスや退社しやすい職場風土といった特徴が見られる。

財団法人 社会経済生産性本部 社会労働部・雇用システム研究センター

連絡先:財団法人 社会経済生産性本部 社会労働部(担当:東狐 とうこ、村田、小山)
〒150-8307 東京都渋谷区渋谷3−1−1 (TEL 03−3409−1123・Fax 03-3409-2617)
添付ファイル 企画業務型裁量制新聞発表文.pdf
企画型裁量労働制調査結果図表.pdf

▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.