公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 提言活動
タイトル 「新社会人白書」発表 −採用・就職事情最前線−
発表日 2006/03/16
発表元
内 容 平成18年3月16日
報道機関各位

「新社会人白書」 発表
−採用・就職事情最前線−
財団法人 社会経済生産性本部

 人口減少下での企業の人材確保や若年者の社会的・職業的自立が問題となるなか、財団法人 社会経済生産性本部(理事長 谷口恒明)は、「新社会人白書−採用・就職事情最前線−」を発表した。若年者が企業社会に歩み出す転換点に着目し、求人と求職の両視点から採用・就職事情を分析・展望することは、学校から企業社会への円滑な移行や、生産性向上を支える人材の確保・育成のあり方を検討するうえで、重要なことである。
 本白書では2005 年における企業の採用活動および学生の就職活動を総括し、今後の方向を展望する。さらに、1969 年以来、当本部が(社)日本経済青年協議会と共同実施してきた『新入社員「働くことの意識」調査』結果から新入社員の意識や価値観の経年変化を分析し、就職におけるいくつかの課題を提起した。白書の構成は以下の通りである。また各章のポイントについては別紙参照。

【お問合わせ先】 財団法人 社会経済生産性本部 社会労働部 キャリア開発センター
担当:黒沢・内野 TEL.03-3409-1121 FAX.03-3409-1007
添付ファイル 新社会人白書プレスリリース06.3.16.pdf

▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.