公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル レジャー白書短信 第3号「『旅』、『読書』重視の傾向の中で『音楽』を重視する学生 −職業別にみる『最も重視する余暇活動』−」
発表日 2015/02/13
発表元
内 容 公益財団法人日本生産性本部 余暇創研は、2014年1月実施の「レジャー白書調査」で特別に調べた「最も重視する余暇活動」の分析結果を「レジャー白書短信第3号」としてまとめた。「最も重視する余暇活動」については、「レジャー白書2014」に性・年代別に集計した結果(上位5種目)を掲載しているが、本短信では職業別(自営、勤め人、専業主婦・主夫、学生など)にみると、重視している余暇活動にどのような違いが出てくるのかを明らかにしている。さらに、回答者に占める割合の大きい「勤め人」の「最も重視する余暇活動」については、家族の人数別・こづかい別・健康状態別に集計を行い、各々どのような傾向があるのかを示した。

■最も重視する余暇活動1位は、学生では「音楽会、コンサートなど」(6.5%)
 その他では「国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)」

前年に参加した余暇活動(全107種目から選択したものとその他)の中から「最も重視する余暇活動」を1つだけ選んでもらった結果を職業別にみると、学生の1位は「音楽会、コンサートなど」(6.5%)で、その他の区分の1位は「国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)」となった。また、「国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)」の比率が最も高いのは専業主婦・主夫で13.4%だった。


■専業主婦・主夫は、他と比べて「習い事、学習」を最も重視する人が多い(10.2%)

「最も重視する余暇活動」をカテゴリー化した結果をみると、全体では10%を超えるカテゴリーは2つにとどまるなど分散する傾向が確認できるが、専業主婦・主夫では「国内観光・行楽」(16.1%)、「その他スポーツ・運動(ジョギング、マラソン、ウォーキング等)」(11.5%)、「習い事、学習」(10.2%)と3つのカテゴリーの比率が10%を超え、大きな割合を占める。その中でも特に「習い事、学習」は、他と比べて高い比率を示している。


■勤め人において「山岳・海洋性のスポーツ・運動」を最も重視する人が多いのは、「4人以上の家族」(8.0%)や「こづかい1万円未満」(7.9%)

「勤め人(経営者も含む)」の「最も重視する余暇活動」(カテゴリー別)を家族の人数別にみると、「山岳・海洋性のスポーツ・運動」の比率は4人以上の家族が8.0%と最も高い。また、その比率はこづかい別では「1万円未満」で7.9%と最大になっている。一方、「国内観光・行楽」の比率は、どの区分においても15%以上と高い値を示しており、勤め人においてはタイプによらずに「国内観光・行楽」が重視されやすい傾向があることが明らかになった。


※本報告において「こづかい」、「自営」、「勤め人」の意味は以下の通り。
・こづかい・・・回答者自身が1か月に自由に使えるお金。
・自営・・・農林漁業、商工サービス、士業などを営む自営業者で、その手伝いをする家族も含む。
・勤め人・・・従業員10人以上の会社・団体の経営者、官庁職員、研究者・裁判官等専門職などを含む組織勤務者。
※余暇活動の種目とカテゴリーの対応については、別途資料に掲載。

<余暇活動調査の仕様>
■調査方法 :インターネット調査
■調査時期 :2014年1月
■調査対象 :全国15歳〜79歳男女
■有効回収数:3,349(人)

*******************************************************
ご希望の方に本発表の資料を差し上げます(無料)。
下記の【個人情報の取扱について】をご確認のうえ、同意される場合に限り、次の内容をご記入の上、メールでお申込みください。

件名:レジャー白書 短信第3号希望

本文:(お名前)
   (組織名)
   (ご所属・役職)
   (組織の郵便番号)
   (返信先メールアドレス)
   (【質問】近年特に関心のあるレジャーをお聞かせください)
   
送信先:
yoka(at)jpc-net.jp

※上記の「(at)」を「@」に置き換えてください。
※折り返し、ご記入いただいたメールアドレスに返信いたします。
(大型連休、夏季、土日、祝日、年末年始など返信までにお時間をいただく場合がございます。ご了承ください)

【個人情報の取扱について】
公益財団法人日本生産性本部では、皆様の個人情報を以下のように取扱います。下記の内容をご確認の上、ご同意の上お申し込みをお願い申し上げます。なお、同意いただけない場合は、適切なサービスを受けられない場合がございます。同意いただいた後でも個別に不同意の表明をすることが可能です。

1.利用目的
(1)レジャー白書短信資料のご案内
(2)余暇創研、日本生産性本部主催の事業、イベント等のご案内(Eメール)
(3)顧客分析・市場調査
以上の目的以外で個人情報を利用する場合、ご本人に個別理由を説明し同意を得た上で行うものといたします。

2.個人情報の第三者提供
法令に基づく場合などを除き、個人情報を第三者に開示、提供することはありません。

3.個人情報の取扱いの委託
本事業を実施するにあたり、業務の一部(情報システム管理等)を委託しております。委託先に対しては、皆様のサービスに必要な個人情報だけを委託します。生産性本部の選定基準に基づき委託先を選定し、契約により個人情報の保護を徹底するとともに、委託先に対して適切な管理・監督を行います。

4.皆様の権利
個人情報について、ご本人による開示請求・訂正・削除・利用停止等を求めることが可能です。その際は、以下までご連絡ください。
連絡先:公益財団法人日本生産性本部 余暇創研事務局 電話03-3511-4011

公益財団法人日本生産性本部 
個人情報保護管理者 総務部長
添付ファイル

▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.