公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル レジャー白書短信  第12号「スポーツに積極的に参加する60、70代〜スポーツ参加者と不参加者の属性・参加・希望傾向〜」
発表日 2018/04/26
発表元
内 容 公益財団法人日本生産性本部 余暇創研は、このほど、スポーツ参加者と不参加者の余暇実態に関する分析結果をレジャー白書短信第12号としてまとめた。近年、五輪やワールドカップなどスポーツイベントが注目され、国としてスポーツ立国を目指す取り組みが進んでいる。レジャー白書でも、スポーツ部門で参加率の上昇がみられる年が続いた。そこで、本短信ではスポーツをしている人としていない人の違いは何か、スポーツ以外の余暇活動への参加実態に違いはあるのか、また、スポーツをしていない人がやってみたいと考えているスポーツは何かなどを明らかにしたものである。

1. 健康や時間・支出のゆとり度、年齢でスポーツ参加に差

年間に1回以上何らかのスポーツをした人の割合(スポーツ参加率)は60.8%となった。健康状態が良好で余暇時間・支出にゆとりがある場合にスポーツ参加率は高い。年代別では10代が最高で次いで70代、60代の順となった。地域別では北陸のスポーツ参加率が高かった。

2. スポーツ参加者はスポーツ以外にも積極的

趣味・操作、娯楽、観光・行楽などスポーツ以外の余暇活動への参加率は全種目ともスポーツ参加者のほうが不参加者より高かった。「海水浴」の参加率は3倍以上の差となった。

3. スポーツ不参加者もジョギング、水泳で潜在需要

スポーツ不参加者が将来やってみたいと考えるスポーツで回答が多かったのは「ジョギング、マラソン」「水泳(プールでの)」「トレーニング」などだった。潜在需要としてはスポーツ参加者を上回る種目もあった。

4. 2種目のスポーツへの参加実態

フットサル参加者の3人に2人はサッカーにも参加し、サッカー参加者の45%は「キャッチボール、野球」にも参加。ゴルフ(コース)参加者の8割はゴルフ(練習場)にも通う。

<余暇活動調査の仕様>
■調査方法:インターネット調査
■調査対象:全国15歳〜79歳男女
■有効回収数: 3,328(人)
■調査時期 :2017年1月

*******************************************************
ご希望の方に本発表の資料を差し上げます(無料)。
下記の【個人情報の取り扱いについて】をご確認のうえ、同意される場合に限り、次の内容をご記入の上、メールでお申込みください。

件名:レジャー白書短信第12号 希望

本文:(お名前)
   (組織名)
   (ご所属・役職)
   (組織の郵便番号)
   (返信先メールアドレス)
   (【質問】「楽しくスポーツをするためには何が必要だと思いますか?」への回答)
   
送信先:
yoka(at)jpc-net.jp

※上記の「(at)」を「@」に置き換えてください。
※折り返し、ご記入いただいたメールアドレスに返信いたします。
(大型連休、夏季、土日、祝日、年末年始など返信までにお時間をいただく場合がございます。ご了承ください)

【個人情報の取扱いについて】
1.個人情報は、「レジャー白書短信」資料の送付ならびに余暇創研事業のご案内など、当本部が今後主催・実施する各事業におけるサービス提供や事業のご案内、および顧客分析・市場調査のために利用させていただきます。なお個人情報の提供は任意ですが、ご提出頂けない場合、当本部からのサービスを受けられない場合がございます。
2.お預かりした個人情報は、法令に基づく場合などを除き、第三者に提供及び委託されることはございません。
3.本部が保有する個人情報について、開示、訂正、削除、利用停止などの請求があった場合には、本人であることを確認のうえで本部の定める書類にて対応いたします。
4.個人情報の取り扱いについての疑問・質問、開示等請求は以下までご連絡ください。
余暇創研事務局(Tel:03-3511-4011)
公益財団法人日本生産性本部 個人情報保護担当窓口(Tel:03-3511-4028)
5.個人情報保護管理者 総務部長
添付ファイル

▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.