公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 提言活動
タイトル 提言「労働力喪失時代における持続可能な社会経済システム『スマートエコノミー』の実現をめざして」を発表しました
発表日 2018/11/30
発表元
内 容 調査研究や提言、実践活動により生産性向上をめざす(公財)日本生産性本部(東京都千代田区、会長:茂木友三郎)は、11月30日、人口減少に伴う生産年齢人口の急減を目前に控えた日本の喫緊の課題である生産性向上に向け、社会経済システムの再構築と経営戦略の転換をめざすべく、提言を公表しました。本提言は、サービス産業のイノベーションと生産性向上を推進する産官学のプラットフォーム「サービス産業生産性協議会(SPRING)」に設置した生産性向上戦略PT(座長:村上輝康 産業戦略研究所代表)で議論し、取りまとめたものです。

詳細は添付プレスリリース、資料、参考資料をご参照ください。

【お問い合わせ先】(公財)日本生産性本部
内容について:SPRING 湯浅・柿岡 03-3511-4010 service-js@jpc-net.jp
取材について:広報 渡邉(裕)・加藤(玲)03-5511-2030 yuko.watanabe@jpc-net.jp
添付ファイル 181130_プレスリリース:生産性向上戦略PT提言.pdf
181130_資料1(提言要約).pdf
181130_資料2(提言本編).pdf
参考資料1:181204第3回生産性シンポジウム.pdf
参考資料2:SPRING紹介.pdf

▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.