公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル レジャー白書短信  第14号「余暇の多様化が進む時代へ〜『令和』に向けて『平成』の余暇を振り返る〜」
発表日 2019/04/26
発表元
内 容 公益財団法人日本生産性本部 余暇創研では、毎年「レジャー白書」を発行し、参加人口や市場規模の推計を通じて、余暇の実態を需給双方の視点からとりまとめている。今年、約30年続いた元号である「平成」が「令和」に替わる。そこで本短信では、過去のレジャー白書の内容をもとに平成における余暇の変遷や近年のトレンドを振り返り、「平成」から「令和」へ移り変わる時期の特徴をまとめた。

1.  楽しみ方が多様化し新種目が上位に浮上
平成元年から約10年ごとに種目別参加人口の順位をみると、最上位はいずれも「外食(日常的なものは除く)」「国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)」「ドライブ」などが並ぶが、それ以下の順位をみると時代とともに変化している。「バー、スナック、パブ、飲み屋」や「遊園地」など昭和から続いている一部の余暇種目が順位を落とす一方、カラオケ、パソコン、複合ショッピングセンター、SNS関連の種目が登場し、従来の種目に新たな選択肢が加わり、楽しみ方が多様化している。

2.  成熟市場に刺激を与えたインバウンドやデジタル化
平成元年に66兆4千億円でスタートした余暇市場は、平成8(1996)年に90兆9千億円まで増加した。この年が平成におけるピークとなり、その後は平成17(2005)年、平成26(2014)年に小さな好況を経験したが、平成全体としてはなだらかに縮小し、平成29年には69兆9千億円となった。近年では、デジタル化の影響による動画、音楽、書籍の電子市場や、インバウンドの増加を背景としたホテルに代表される観光・行楽市場は比較的堅調であった。

3.  多様な個別ニーズをデジタル化・ネット化が支える時代へ
参加人口の順位が上昇した主な種目、市場規模が増加した主な分野をみると、ネット化・デジタル化技術を巧みに活用することで、多様化する個別ニーズに的確に対応して需要を掘り起こし、停滞市場を活性化できる可能性を示している。

*******************************************************
ご希望の方に本発表の資料を差し上げます(無料)。
下記の【個人情報の取扱について】をご確認のうえ、同意される場合に限り、次の内容をご記入の上、メールでお申込みください。

件名:レジャー白書短信第14号 希望

本文:(お名前)
   (組織名)
   (ご所属・役職)
   (組織の郵便番号)
   (返信先メールアドレス)
   (【質問】「『令和』時代になって余暇時間は増えると思いますか?それとも減ると思いますか ?またそう思う理由はなんですか?」への回答)
   
送信先:
yoka(at)jpc-net.jp

※上記の「(at)」を「@」に置き換えてください。
※折り返し、ご記入いただいたメールアドレスに返信いたします。
(大型連休、夏季、土日、祝日、年末年始など返信までにお時間をいただく場合がございます。ご了承ください)

【個人情報の取扱について】
公益財団法人日本生産性本部では、皆様の個人情報を以下のように取扱います。下記の内容をご確認の上、ご同意の上お申し込みをお願い申し上げます。なお、同意いただけない場合は、適切なサービスを受けられない場合がございます。同意いただいた後でも個別に不同意の表明をすることが可能です。

1.利用目的
(1)レジャー白書短信資料のご案内
(2)余暇創研、日本生産性本部主催の事業、イベント等のご案内(Eメール)
(3)顧客分析・市場調査
以上の目的以外で個人情報を利用する場合、ご本人に個別理由を説明し同意を得た上で行うものといたします。

2.個人情報の第三者提供
法令に基づく場合などを除き、個人情報を第三者に開示、提供することはありません。

3.個人情報の取扱いの委託
本事業を実施するにあたり、業務の一部(情報システム管理等)を委託しております。委託先に対しては、皆様のサービスに必要な個人情報だけを委託します。生産性本部の選定基準に基づき委託先を選定し、契約により個人情報の保護を徹底するとともに、委託先に対して適切な管理・監督を行います。

4.皆様の権利
個人情報について、ご本人による開示請求・訂正・削除・利用停止等を求めることが可能です。その際は、以下までご連絡ください。
連絡先:公益財団法人日本生産性本部 余暇創研事務局 電話03-3511-4011

公益財団法人日本生産性本部 
個人情報保護管理者 総務部長
添付ファイル

▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.