公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 提言活動
タイトル 政権公約時代の政党運営〜秋の党首選挙に向けて
発表日 2006/03/08
発表元
内 容 提言「政権公約時代の政党運営〜秋の党首選挙にむけて」
党首マニフェストを作成し「政策本位」の党首選挙を
党大会を抜本改革し全党的な政策論争と合意形成を
   
基本認識

・総選挙は党首と政策の一体的選択が本来の筋
・郵政民営化法案で問われた党首と政策の一体性
・政権公約時代に求められる党内指導体制の確立
・本年秋の党首選挙は「誰を選ぶか」より「どのように選ぶか」が最大の争点

提 言
1 候補者は「党首マニフェスト」の作成を
2 党大会等を活用し、党首選挙に向けて全党的な政策論争を
3 党首候補同士による「マニフェスト型討論会」の実現を
4 自民党、民主党は「党首マニフェスト」で掲げるべき論点の明確化を
5 次の総選挙に向けて
 
添付ファイル 060308-1.pdf

▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.