公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 提言活動
タイトル 最終報告「若者に希望と誇りをもてる職業を」次世代への橋渡しを行うための行動計画
発表日 2004/05/14
発表元
内 容 平成16年5月14日
報 道 機 関 各 位

若年者の雇用の将来を考える会 最終報告
「若者に希望と誇りをもてる職業を」
次世代への橋渡しを行うための行動計画

 長引く経済低迷の中で、次代を担う若年層の失業率が10%にも及ぶ高水準に達しており、この状態を放置することは、わが国の人的資源の将来に禍根を残すことになりかねない。この若者の雇用問題が危機的な状況にあるにもかかわらず、企業や学校をはじめとする社会の対応が遅れてきたことも否めず、また政府も政策体系の整備や、教育行政や労働行政の政策連携にも多くの問題を残している。

 2003年1月、こうした問題意識を共有する関係者が参集し、「若年者の雇用の将来を考える会」(世話人:?梨 昌 信州大学名誉教授)を立ち上げ、若年雇用に関する政策の方向性を検討してきた。事務局は(財)社会経済生産性本部内に置いている。

 本研究会は、昨年12月、中間報告を取りまとめたが、その後も検討を重ね、若者の雇用問題の解決へ向けて、国民的運動を進める観点から、このほど「若者に希望と誇りをもてる職業を」と題する最終報告を取りまとめ、発表した。今後、この報告の提言内容について、関係省庁をはじめ教育界、産業界、労働界等が具体的行動に取り組むよう要請する。
 なお、本報告で提案している4つの構想、「仕事とくらし」「若年キャリア支援センター」「キャリア・カード」「レインボートラスト」について、当事者のニーズを探るため、18〜35歳の若者にアンケート調査を実施した。調査結果は別紙を参照。

【連絡先】 財団法人社会経済生産性本部内、「若年者の雇用の将来を考える会」事務局
考える会・事務局長 小池 伴緒 (担当:結城、小山)
TEL03−3409−1122 FAX03−3409−1007
E-mail.info@yef.jp URL.http://www.yef.jp
添付ファイル プレスリリース.pdf

▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.