公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル 2011年度 新入社員 春の意識調査
発表日 2011/04/18
発表元
内 容 1.海外勤務に応じたい(54.3%)(新設問)
今調査から新設した「海外勤務のチャンスがあれば、応じたい」に対し、「そう思う」とする回答(54.3%)が「そう思わない」とする回答(45.7%)を上回った。(調査結果2ページ記載)

2.仕事を通じてかなえたい「夢」がある女性、過去最高(73.4%)
「自分には仕事を通じてかなえたい「夢」がある」に対し、「そう思う」とする女性の回答が男性の回答(70.5%)を上回り、過去最高(73.4%)となった。(調査結果3ページ記載)

3.一つの会社に最低でも4年以上は勤めるべき、過去最高(55.0%)
転職に関する設問群の中で、「あなたは一つの会社に、最低でもどのくらい勤めるべきだと思いますか?」に対し、4年以上は勤めるべき(「4年〜5年」28.7%、「6年以上」26.3%の合計)とする回答が55.0%となり、過去最高となった。(調査結果4ページ記載)

4.マニュアルに書かれていないことはできるだけくふうする、過去最高(37.3%)
「ある仕事をやっているうちに、研修でおそわったマニュアルに書かれていないことが起きました。このときあなたは、...」に対して2者択一で回答する設問に、「できるだけ自分でくふうしてみる」とする回答が5年連続で上昇し、過去最高(37.3%)となった。(調査結果5、6ページ記載)

5.その他過去最高になった設問(調査結果7ページ記載)
添付ファイル 2011年度 新入社員 春の意識調査.pdf

日本生産性本部の新入社員研修

【JPCメールマガジンのお知らせ】
日本生産性本部が発行する「JPCメールマガジン」では、話題のセミナーや生産性出版の新刊情報、最新の提言、報告書の情報をご案内いたします。月2回発行、購読は無料です。(詳細ページはこちらをクリック)


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.