公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究
 調査研究トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細

種 別 調査研究
タイトル レジャー白書短信 第4号「『国内観光旅行』は高齢層で多頻度旅行者の割合が上昇 −震災前後における観光・行楽部門の活動回数『年5回以上』の割合の変化−」
発表日 2015/05/19
発表元
内 容 公益財団法人日本生産性本部 余暇創研は、1年間に複数回(2回以上または5回以上)活動する人の割合の震災前後の推移を、観光・行楽部門の種目を中心に「レジャー白書短信第4号」としてまとめた。近年、震災などの影響もあり、観光・行楽部門の多くの種目で参加率(年に1回以上参加した人の割合)が低下傾向にあるが、その半面年間平均活動回数は横ばいまたは増加傾向にある。それでは、震災前後で観光・行楽の各種目に積極的に取り組んでいる人の割合はどのように変化しているのだろうか。本短信では、その変化を知るための一つの材料として、年2回以上または5回以上活動した人の割合の5年間(2009〜2013年)の推移を明らかにしている。

■年間5回以上「国内観光旅行」に出かける旅行者の割合は、男女ともに震災前より上昇

「国内観光旅行」の5年間の推移を年間活動回数「1回以上」から「5回以上」まで順に見てみると、男女ともに「1回以上」と「2回以上」では2009年が最も高い値を示しているものの、「5回以上」ではわずかながらも2013年(男9.3%、女10.3%)が2009年(男8.6%、女9.0%)を上回っている。これより、「国内観光旅行」の参加者(1回以上)に占める愛好者(5回以上)の割合が、男女問わず東日本大震災の前より上昇しているといえる。


■年間5回以上「国内観光旅行」に出かける旅行者の割合が震災前より明らかに上昇しているのは高年層

年間活動回数による割合の推移を年齢層別に見ると、参加率(「1回以上」の割合)は多くの種目で低下傾向にあることが確認できる。その傾向は、「2回以上」においても多くの種目で確認できるが、高齢層における「国内観光旅行」の「5回以上」と「海外旅行」の「2回以上」は逆の傾向で、特に「国内観光旅行」の「5回以上」は2013年の値(16.9%)が2009年(14.2%)を2.7ポイント上回っている。この上昇傾向は、他の年齢層と比べて顕著である。


■2010〜2012年の3年間における「海外旅行」の参加率の動きは、東日本では「下降→上昇」、その他府県では「上昇→下降」

大震災の影響を大きく受けた「東日本」の5年間の推移を「その他府県」と比較すると、参加率(「1回以上」の割合)は両者ともに多くの種目で低下傾向にあるが、2010〜2012年の3年間における「海外旅行」の動きには明確な違いがあることが分かる。「海外旅行」の参加率(「1回以上」の割合)は、「東日本」では「下降→上昇」となっているのに対して、「その他府県」ではその逆の動きを示している。この結果は、2011年の「海外旅行」参加率に対する震災の影響が「東日本」と「その他府県」で分かれたものと推察される。


※「参加者」は、ある余暇活動を1年間に1回以上おこなった人を指し、その全回答者に占める割合を「参加率」という。
※「若年層」は10〜20代、「中年層」は30〜50代、「高年層」は60〜70代を指す。
※「東日本」とは、北海道、東北地方(6県)、関東地方(1都6県)の14都道県を指す。

<余暇活動調査の仕様>
■調査方法 :インターネット調査
■調査時期 2010〜2014年の1月(各年の調査対象期間は前年の1〜12月)
■調査対象 :全国15歳〜79歳男女
■有効回収数:(2010〜2014年の順に)3110、3728、3294、3334、3349(人)

*******************************************************
ご希望の方に本発表の資料を差し上げます(無料)。
下記の【個人情報の取扱について】をご確認のうえ、同意される場合に限り、次の内容をご記入の上、メールでお申込みください。

件名:レジャー白書 短信第4号希望

本文:(お名前)
   (組織名)
   (ご所属・役職)
   (組織の郵便番号)
   (返信先メールアドレス)
   (【質問】最近印象に残っている(あるいは関心のある)イベント・催物をお聞かせください)
   
送信先:
yoka(at)jpc-net.jp

※上記の「(at)」を「@」に置き換えてください。
※折り返し、ご記入いただいたメールアドレスに返信いたします。
(大型連休、夏季、土日、祝日、年末年始など返信までにお時間をいただく場合がございます。ご了承ください)

【個人情報の取扱について】
公益財団法人日本生産性本部では、皆様の個人情報を以下のように取扱います。下記の内容をご確認の上、ご同意の上お申し込みをお願い申し上げます。なお、同意いただけない場合は、適切なサービスを受けられない場合がございます。同意いただいた後でも個別に不同意の表明をすることが可能です。

1.利用目的
(1)レジャー白書短信資料のご案内
(2)余暇創研、日本生産性本部主催の事業、イベント等のご案内(Eメール)
(3)顧客分析・市場調査
以上の目的以外で個人情報を利用する場合、ご本人に個別理由を説明し同意を得た上で行うものといたします。

2.個人情報の第三者提供
法令に基づく場合などを除き、個人情報を第三者に開示、提供することはありません。

3.個人情報の取扱いの委託
本事業を実施するにあたり、業務の一部(情報システム管理等)を委託しております。委託先に対しては、皆様のサービスに必要な個人情報だけを委託します。生産性本部の選定基準に基づき委託先を選定し、契約により個人情報の保護を徹底するとともに、委託先に対して適切な管理・監督を行います。

4.皆様の権利
個人情報について、ご本人による開示請求・訂正・削除・利用停止等を求めることが可能です。その際は、以下までご連絡ください。
連絡先:公益財団法人日本生産性本部 余暇創研事務局 電話03-3511-4011

公益財団法人日本生産性本部 
個人情報保護管理者 総務部長
添付ファイル

 
 
余暇創研「レジャー白書」のページはこちら


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.